岐阜県中濃・東濃地域密着の行政書士事務所。建設業許可、会社(各種法人)設立、入管・帰化申請、各種営業許可など、様々な許認可申請・取得を代行。

HOME » 営業許可(運送業・介護事業・風営等) » 風俗営業2号営業許可 | 岐阜県可児市 行政書士大口事務所

風俗営業2号営業許可

スナック、キャバクラなどを開業する場合、風俗営業2号許可が必要になります。(飲食類を提供する場合、別途飲食店営業許可が必要になります。)

風俗営業2号営業とは、「待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業(キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業を除く)」となっております。

スナックやキャバクラはこれに該当するため、風俗営業許可が必要となります。

風俗営業2号許可取得までの流れ

  1. 調査
  2. スナックやキャバクラはどこでも開業できるわけではないため、候補地が開業できる場所かなど確認をします。
    <スナック、キャバクラ等が開業できない場所の例>
    ・都市計画法に定める「第1種低層住居専用地域」「第2種低層住居専用地域」「第1種中高層住居専用地域」「第2種中高層住居専用地域」など
    ・保護対象施設(大学を除く学校、病院、患者の収容施設を有する診療所、図書館、保育所)の敷地の周囲100メートル以内の地域
    ※県ごとに若干違いがあります。

  3. 書類作成、必要書類収集
  4. 許可申請書、店内見取り図等を作成し、必要書類を収集します。

  5. 管轄警察署へ申請
  6. 提出先は、店舗の所在地を管轄する公安委員会(営業所の所在地を管轄する警察署の生活安全課)となります。

  7. 店舗での立ち合い調査
  8. 提出した図面に誤りがないかを確認するため、立ち入り調査が入ります。また、この際に店内の明るさが基準を満たしているか、店内に見通しを妨げるものがないかなどの確認も同時に行われます。

  9. 許可
  10. 審査を無事クリアした後、許可証が発行されます。書類提出からおおよそ55日後が目途となります。

風俗営業2号許可申請必要書類

  1. 許可申請書
  2. 営業の方法を記載した書面
  3. 営業所の使用権限を疎明する書類(使用承諾書)
  4. 営業所の周囲の地図
  5. 本籍の記載のある住民票の写し(外国人の場合は在留カードの写し)
  6. 人的欠格事由に該当しない旨の誓約書
  7. 身分証明書
  8. 登記されていないことの証明書
  9. 管理者の写真
  10. 営業所の平面図
  11. 営業所の求積図
  12. 営業所の配置図
  13. 営業所の音響設備図
  14. 営業所の照明設備図
  15. 営業所の防音設備図
  16. 営業所に配置するイス・テーブル等の説明図
  17. 営業所の照明設備・音響設備等の説明図

配置図サンプル
いす説明図サンプル

お問い合わせはこちら

行政書士大口事務所
代表者 大口剛弘
〒509-0203 岐阜県可児市下恵土1315-4
TEL 0574-48-8590 / FAX 0574-48-8591
メール info@ooguchi-office.com
営業時間 9時~18時(日曜・祝日休み)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab